INTERVIEW

皆さんへのメッセージ

かとう まさのり

加藤 雅敬

自由が丘くびと腰の整形外科クリニック 理事長

略歴

2001年 藤田医科大学医学部卒業
2001年 慶應義塾大学医学部整形外科学教室 入局
2002年 東京都済生会中央病院整形外科
2003年 神奈川県警友会けいゆう病院整形外科
2004年 大田原赤十字病院整形外科
2005年 慶應義塾大学医学部整形外科学 助教
2007年 東京電力病院整形外科 副科長
2010年 慶應義塾大学医学部 医学博士
2012年 国立病院機構東京医療センター整形外科
2015年 国立病院機構東京医療センター整形外科 脊椎脊髄センター副センター長
2021年 国立病院機構東京医療センター整形外科 副医長
2021年 調布くびと腰の整形外科クリニック 院長
2023年 自由が丘くびと腰の整形外科関節のクリニック 理事長

資格

日本整形外科学会認定 整形外科専門医

身体の節々の痛みやしびれなど、広い範囲に該当するのが整形外科です。
その中でも特に首と腰などの症状に特化して治療を行うのが脊椎外科です。
手足、首、肩、腰、どんな症状でも構いません。
少しでも痛みや疑問を感じたら、自己診断せずすぐにご来院ください。
同じ病気でも、自覚症状の出方は千差万別です。
些細な怪我や痛みだと思っていても、思わぬ疾患や危険で見逃してはいけない痛みが潜んでいることもあります。
当院で完治できないようなものは、調布くびと腰の整形外科クリニックや東京医療センターなど、連携している医療機関を速やかにご案内いたしますので、安心してお越しください。

自由が丘くびと腰の整形外科関節のクリニック
理事長 加藤 雅敬

 
 
 
 

自由が丘くびと腰の整形外科関節のクリニックの強みを教えてください。

当院では、整形外科全般の疾患を診察いたしますが、中でも首と腰の疾患に力を入れています。 首や腰を専門にしている整形外科は少なく、中には手術のタイミングを見極められず、効果の見られないリハビリテーションを長い間続けてしまう整形外科も少なくありません。 当院では、まずピラティスのメソッドを取り入れたリハビリを行い、効果が少ないようであれば手術をご提案します。 手術に抵抗がある患者様には、注射での治療を行い、効果が見られない場合は調布くびと腰の整形外科クリニックでの手術をご案内いたします。 このように当院では、先の見えないリハビリを延々と続けることはせず、的確なタイミングで適切な治療を行い、手術のタイミングも見逃しません。 なお、手術を行う調布くびと腰の整形外科クリニックでは低侵襲手術を導入しており、身体に対する負担を最小限に留めています。 入院期間が短く、手術に伴う出血も少ないため、ご高齢の方や身体の弱い方でも安心して手術をお受けいただけます。 他にも連携を取っている病院が複数あり、患者様1人1人に合った治療で早期社会復帰できる仕組みを構築しています。

外来の特徴を教えてください。

当院には、脊椎を専門とする理事長をはじめ、四肢や関節の専門医も在籍しており、手足の怪我や打撲、関節の痛みなど、整形外科全般の疾患に対応しています。
首や腰などの背骨に沿った痛み、手足にしびれのある方もぜひご来院ください。
整形外科で扱う症状は痛みを伴うものがほとんどですが、中には我慢して医療機関を訪れない方もいらっしゃいます。
しかし、長い間痛みを抱え続けていると、負のサイクルに入って抜け出せなくなってしまいます。
医療機関は敷居が高いとお感じにならず、地域のかかりつけ医としてお気軽にご相談ください。

リハビリテーションではどのようなことをしますか?

当院では、物理療法と運動器リハビリテーションという2種類のリハビリを導入しています。
運動器リハビリにはピラティスのメソッドを取り入れ、理学療法士がマンツーマンで対応。
ピラティスの専門資格を持った理学療法士と医師が監修することで、患者様1人1人の症状に適したプログラムをご提案します。
ピラティス導入のメリットはいくつかありますが、中でもお伝えしたいのがインナーマッスルの強化です。
肩や腰、膝などの可動域を無理せず広げるだけでなく、ご自身のインナーマッスルを鍛えることで、未然に怪我を防ぐことができます。
なお、ピラティスにはマットとマシンの2つの方法がありますが、当院では専用のマシンを導入することで、身体にかかる負荷をサポートします。

切らない関節治療について教えてください。

当院はリハビリテーションに注力したクリニックですが、手術をご検討の患者様にはリハビリと手術の中間に位置する切らない関節治療もご案内可能です。
当院で扱う切らない関節治療には、院内で採血を行い即日対応可能な「注射療法」があります。
患者様の症状によって判断しますが、注射後にリハビリを行うことで、より良い効果を期待できます。

クリニック概要

お電話でのお問合せ

03-6459-5383

9:00~11:30/14:00~18:00

WEBから呼出番号を取得

住所

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-20-22 フレア369 2F,3F

理事長

加藤 雅敬

電話番号

03-6459-5383